ラ・クッチャーラ
神楽坂: スペイン料理
ラ・クッチャーラ (神楽坂: スペイン料理)
ラ・クッチャーラ
電話: 03-5228-5058
営業時間:5:30pm-1:30am (LO) 定休日:月
late: 深夜まで営業
Sun: 日曜日営業

神楽坂、本田横丁入口角のビルの2階にあるこの店は、いつ訪れても大勢の客で賑わっており、笑い声が絶えない雰囲気だ。アンダルシア・カラーで彩られたセラミックのプレートが、煉瓦造りのカウンター席の上方に飾られているのはとてもいいセンス。ダイニングスペースの隅にある背の高い木製の棚には、ボトルワインが価格、解説付きで並べられている。カウンターの席数もさほど多いわけではなく、店自体は、それほど広々とした空間とは言えないが、店内に設えられた大きな窓が店内を、よりゆったりとしたスペースに見せる効果をもたらしている。

客層も店内で働くスタッフもお洒落な若者が多い。7時以降は、ほぼ全席が埋まってしまうことが多いので、入店時は少々待たされることを覚悟した方がいいかもしれない。だが、テーブルの回転は早いので少々待てば座れるはずだ。殆どの客が、お酒と軽いおつまみを楽しみにこの店に立ち寄っているようだが、ボリュームのある一品料理も多数用意されている。

エビのガーリックオイル煮(880円)、ハモン・セラーノのコロッケ(680円)、さっぱりしたバーニャカウダのディップが添えられた有機野菜の盛り合わせは、なかなかの出来映え。黒板に書かれたカツオとタラコの串焼き(380円)等の日替わりメニューも、その絶妙なアイディアに唸らされる。残念だったのは、鉄板で焼いたラムチョップ(1,600円)が少々ありきたりな味わいだったことだ。

グラスワインの種類も豊富(白6種、赤6種、カバ2種)だが、ボトルワインのバラエティは更に充実している。やはりスペイン産のワインが多いが、フランス、イタリア、新世界のワインも厳選されたものが用意されている。ある程度の量を飲みたいのならば、この店では、断然ボトルでのオーダーがお薦めだ。サービスは、フレンドリーで心のこもったものだが、少々もたつき気味なのが残念。ディナーの予算は、一人5,000円程度。


by Melinda Joe
神楽坂
神楽坂4-3 近江屋ビル2F
Follow: