東京のレストランガイド

モバイルサービス


Android/ iPhone


DoCoMo/ au

東京ふーどページは、携帯電話ユーザーの方にご覧いただけます。アドレスは www.bento.com/ i/ (DoCoMo/ au) 又はwww.bento.com/m/ (Android/ iPhone) です。

バーコード・リーダー搭載の携帯電話をお持ちの方は、上のバーコードを読み込むと、東京ふーどページのブックマークを簡単に追加することができます。(必要に応じて、携帯電話のカメラをマクロモードに設定してください。)

シェア

シェア





東京ふーどページでは、何よりも"食"を愛する全ての人に、 食に関するさまざまな情報をお届けします。 さらに、地域、ジャンル、特徴から検索できる東京のレストラン一覧を掲載。

Chilling in Tokyo
このセクションでは、お洒落なカフェ、カクテルバー、日曜日のブランチが楽しめるスポットを多数リストアップしています。
今月: 中目黒のカフェ
東京ふーどページの制作に多大なご協力をいただいた American Airlinesリーデル・ジャパン ヴェデット・エクストラ ホワイトビール に感謝の意を表します。
Riedel
Vedett Extra White
..........

Bento.com のサイト検索

Loading

最新レビュー

Decanter: 赤羽橋
デカンタは新しいタイプのインターナショナル・ステーキハウスだ。シェフを務めるデビッド上野が調理する斬新な前菜、最高級のステーキ、チョップ等のメニューは本当にエキサイティングで楽しい内容だ。スタイリッシュなラウンジやクラブを思わせるゴージャスな雰囲気の店内には、洗練された照明が配され、高品質のサウンドシステムからは心地よい音楽が流れている。また、窓からは美しい東京の夜景を眺める事も出来る。 [拡大]
バインセオサイゴン: 西新宿
最近、フォーをメニューに取り入れているお洒落なカフェを多数見かけるようになったが、もし、あなたが更に本格的なベトナム料理を試したいと思っているのならば、この店の看板メニューのバインセオをお薦めする。バインセオとはクレープのような薄い生地で出来たベトナム風のパンケーキである。 [拡大]
Chef's Table: 麻布十番
東京ではなかなか味わう機会のない、アップスケールのラテンアメリカ料理が堪能できるレストラン。

先日この店を我々が訪れた際に、メイン料理としてオーダーしたアルゼンチン風の牛ハラミ肉のステーキは何とも風味豊かな味わいで、ステーキに添えられているインパクトの強いチミチュリソース(ガーリック、チリ、スパイスをふんだんに使い、ビネガーがアクセントになっているソース)も大変美味であった。様々な種類の貝が使われたセビチェは辛口だが、ココナッツの甘さとマンゴーの軽い酸味も感じられ、絶妙なバランスのテイストである。
[拡大]

新店情報

伝統的なテキサススモークハウスを謳っているこの店では、スモークビーフブリスケット、スモークビーフショートリブ、スモークベイビーポークスペアリブ、スモークターキーブレスト、スモーク“ハムスタイル”ポークチョップ、スモークチキン、スモークビーフチーズバーガー等の本場のテキサススタイルのバーベキュー料理が楽しめる。この店で使用されている高品質の肉はすべてアメリカ産で、弱火で長時間(15時間!)調理する伝統的な手法により、肉はなんともジューシーで柔らかい味わいになる。

特にブリスケットは素晴らしい出来映えである。添えられるソースは、スモーキーなトマトをベースにしたバーベキューソースで肉の風味を損なわないマイルドな味わいだ。

サイドディッシュのメニューは、伝統的な料理で占められているが、テキサスのBBQレストランよりもはるかに趣向を凝らしたものばかりである。リンゴの角切り、ケシの実、そして少量のアニスを加えたコールスロー、また、絶品の自家製糖蜜入りバターと共に供されるバターミルクビスケット等、オリジナリティ溢れる美味なサイドメニューが多い。グラスワインは10種類、また、伝説的なブルワリーで醸造されたベア・リパブリックやサザン・ティア等アメリカ産の地ビールもある。
map
京風レストラン「上下西東あがるさがるにしいるひがしいる」の経営者が同店舗の入居しているビルの地下にオープンしたカジュアルなワインバー。

飾らない、シンプルなイタリア料理とワインが手頃な価格で楽しめる。お薦めは、東京ではなかなか見かけることの無い、美しい京野菜を使ったサラダ等。
map
趣味の良いバーを思わせる内装が施された店内で、本格的なビストロ料理が楽しめる。サービスは、とてもフレンドリーで価格設定もお手頃。連日美味しいものに目ざといグルメ達で賑わっている。

料理は一皿600〜1,000円で、スモールポーションのタパススタイルで供される。この店の名物料理であるフォアグラのたまり醤油漬(1,000円)はトライする価値のある一品だ。穴子のフリット(1,000円)は、濃厚なバルサミコ・ソースと共に供され、ピュリニィ・モンラッシェミネラルのミネラル感のあるシャルドネとマッチさせると美味しさも格別である。

グラスワインは一種類で600円から。ワインリストはなし。ボトルワイン(2,500円〜)は、全てカウンター後方のワインラックにディスプレイされている。予算はフードとドリンク込みで4,000〜5,000円程度。
map

Dining Diary

この店のコンセプトは最高級の神戸牛の様々な部位をクリエイティブに調理した「神戸牛懐石」。特に特製のレンガの釜で焼かれるステーキは焼き加減もパーフェクトで絶品。

プリフィクス・ディナーは、13,000円からで、ステーキ以外の定番ディナーメニューは、牛タンの刺身、炙り寿司、神戸牛茶漬け等。ランチタイムには、絶品の肉料理が1,200円から楽しめる。
map
Brooklyn Parlorは使い勝手の良いカフェである。デザートタイムにちょっと休憩がてら立ち寄ったり、軽い夕食を食べたり、ラップトップを持ち込んで仕事をしたり、ともかくあらゆるシーンにおいて、この店では楽しい時間が過ごせる。

東京の静かな隠れ家的なカフェと異なり、ここには心地よい喧噪がある。フリーwifi、気持ちのいいBGM、沢山の雑誌とアート、デザイン、ファッション関連の書籍、美味しいエスプレッソ、オリジナルカクテルやとてもお手頃な価格のワイン等、カフェに求められるものがここには全てある。
map
お手頃な価格設定のワインと肉がメインの地中海料理が夜遅くまで楽しめるカジュアルなビストロ。ボトルワインは約50銘柄で価格は2,500円から、グラスワインは12銘柄。

フードメニューは、ポークリエット、田舎風カスレー、定番人気タパスメニューの小海老とマッシュルーガーリックソテー等、シンプルだが十分満足のいく料理で占められている。
map
この店では、多数の季節限定銘柄を含む30種類ものクラフトビールが生で楽しめる。

価格設定は都内の地ビールバーの標準よりもかなりお手頃で、1パイントがわずか780円、グラスが480円である(別途300円のテーブルチャージあり)。フードメニューも大変レベルが高く、エビのガーリックオイル煮(ブレッドつきで900円)やスパイシーなラムケバブ(900円)は特にお薦め!
map
..........


東京のレストランガイド 東京でちょっと一息 関西のレストランガイド
地図 プライバシー