東京のレストランガイド
  • 東京でジビエ料理を堪能する
東京でジビエ料理を堪能する

もしあなたが、チキンやビーフを使ったメニューよりも、より刺激的で新しい肉料理を求めているのならば、ジビエ料理を供するレストランに行くことをお勧めする。(もっとも、もしあなたが、狩猟免許を取得していて、自ら鳥獣を捕獲し、調理する気持ちがあるのなら話は別だが...)

最近都内には、小体ながらもジビエ料理が食べられるレストランが増えてきている。鹿肉、ウサギ、イノシシ、ウズラ、キジ、ホロホロ鳥等の素材を多様なスタイル(フレンチ、イタリアン、ドイツ、和風)で調理したジビエ料理は少々値が張るが、是非トライしてもらいたい。以下は、お勧めの7軒!

(2007年10月)

アタゴール (恵比寿 フランス料理) 03-3449-8757
ブリュッセルの2つ星レストランで修行したシェフが調理する珠玉のジビエ料理が食べられる店。年間を通じて日替わりのジビエ料理のメニューがあるが、秋と冬は特にヴァラエティに富んでいる。

11月の下旬に我々がこの店を訪れた際、国内産のウズラとキジが店外にディスプレイされていたが、残念ながらまだ食べ頃ではないとのことなので、ウサギのテリーヌとフォアグラが添えられた絶品のフランス産のキジを使用した料理を頂いた。その他、ヤマシギ、スコットランド産ライチョウ、フランス産マガモ、ウズラ、北海道産のエゾ鹿等を使用した美味なメニューが盛りだくさん。クリスマスが過ぎた頃には、新鮮なトナカイの肉が入荷する。

フランスワイン(20種以上)の価格設定も良心的で、ボトルで5,600円〜13,000円程度。ベルギービールも3種用意されている。ディナーの予算は、1人10,000円〜16,000円程度。ランチの予算は、3,000円〜5,000円程度。 [店のデータ]

ブラッサリーマノワ (恵比寿 フランス料理) 03-3446-8288
鏡と鴨や鹿の剥製が効果的にディスプレイされた店内は、まるでフランスにある昔ながらのレストランのような雰囲気。この店では、北海道の姉妹店「ヘイゼルグラウスマナー」から直送されてくる新鮮な野菜、魚介類、狩猟肉が使用されている。

10月から1月までは、ライチョウ、鴨等のジビエ料理の食材が充実。エゾ鹿は年間を通じて食べられる。マッシュールームと赤ワインのソースが添えられたエゾ鹿のステーキは絶品。鴨肉の野性味溢れるフレーバーも素晴らしく、見た目よりもさっぱりとした味わいである。お勧めの前菜は、4種の肉を使用したテリーヌ、自家製フォアグラのテリーヌ イチジク添え等々。

ワインメニューは60種以上(ボルドー、ブルゴーニュ、カリフォルニア、チリ産)で、手頃なブランドから高級ブランドまで網羅されている。ディナーの予算はドリンク込みで1人8,000円〜10,000円程度。 [店のデータ]

ツム・アインホン (神谷町 ドイツ料理) 03-5563-9240
ドイツ料理専門店。冬の特別メニュー(3月下上旬まで)は、ドイツ風のジビエ料理6種。全品素晴らしい出来だが、我々のお気に入りはウサギ肉の細切り クリームソース プルーン風味 クロケット添え、鹿フィレ肉のステーキ プルーン風味 クヌーデルとリンゴ添え、鹿肉の細切り キノコ風味野菜添えだ。

その他キジ、ほろほろ鳥、ウズラを使ったメニューも美味で価格帯は3,000円〜4,600円。ドリンクメニューは、ドイツビール、フランス、ドイツワイン等々。ディナーの予算は、ドリンク込みで1人8,000円〜10,000円程度。 [ 店のデータ]

ラ・シャッス (六本木一丁目 フランス料理) 03-3505-6144
壁にはしっくいが塗られ、イノシシ等の動物の剥製が飾られているダイニングスペースは、洞窟を思わせる雰囲気。店名はフランス語で「狩猟」の意味。猟のシーズンには、シェフが自ら射止めた食材(キジ、イノシシ、鹿等)を使用したジビエ料理が楽しめる。

ジビエ料理の盛り合わせがお勧めだが、フォアグラのパテも絶品である。また、カスレ等ボリューム満点のフランスの郷土料理も大変美味。デザートの出来も素晴らしい。ワインの価格もお手頃で(6,000円〜9,000円)、主に南フランス産のブランドと共にボルドーのセレクションが強力である。ディナーの予算はドリンク込みで1人15,000円〜20,000円程度。 [ 店のデータ]

じびえ (恵比寿 居酒屋) 03-5791-5819
抑え気味の照明が灯り、シックな内装が施された店内のカウンターの後方には、炭火焼き用の鉄板が設置されている。この店で味わえるジビエ料理は、鹿の刺身、ウサギの唐揚げ、鴨のつくね、鴨のロースト、イノシシ肉のハーブ焼き、小鳩等々。ジビエ料理の他にも地鶏、黒豚を使った料理や居酒屋の定番メニューが食べられる。

鴨のつくねは特にお勧め。ウサギの唐揚げも美味しいが、少々塩気がきつい。イノシシ肉は歯応え十分。濃厚なソースが肉の臭みを消している。日本酒のリストも大変充実しており、月替わりのお勧めメニューは要チェック。また、他店ではあまりお目にかかれない珍しいお茶も用意されている。ディナーの予算は、ドリンク込みで1人4,000円〜6,000円程度。(中目黒にも支店あり) [ 店のデータ]


北欧料理Allt Gott (吉祥寺 スウエーデン料理) 0422-21-2338
吉祥寺にある本格的なスウエーデン料理レストラン。クリスマスを除き通年トナカイの肉が食べられる。 [ 店のデータ]


ももんじや (両国 居酒屋) 03-3631-5596
猪鍋を提供して280年の老舗。猪鍋は一鍋4000円。ほかに、鹿鍋や鹿たたきなどがある。 [ 店のデータ]




鐡玄 肉匠 (表参道 居酒屋) 03-5774-4533
ウサギ、イノシシ、鹿、馬、カエルを使った様々なディッシュが売り物だが、もちろん通常の肉類のメニューもある。日本酒のセレクションも秀逸。焼酎は50種類以上の銘柄が揃えられている。予算は、5,500円程度。 [ 店のデータ]


by ロブ・サターホワイト
Bookmark and Share
東京のレストランガイド 東京でちょっと一息 関西のレストランガイド
地図 プライバシー